スポーツ障害の症状

スポーツ障害(スポーツしょうがい)は、スポーツ(運動)をすることで起こる障害や外傷などのことで使い過ぎ障害(つかいすぎしょうがい)、使い過ぎ症候群(つかいすぎしょうこうぐん)とも言われています。

スポーツ障害は、スポーツ選手にとって大きな悩みの種といえます。
テニス・陸上・野球・バスケットボール・サッカー・フットサル・バレーボールをはじめ、スポーツの最中に負った捻挫・打撲・脱臼・骨折・怪我、その他の外傷など、スポーツの種類により様々な部位に及びます。

よくある症状

トップへ戻る